鉢植え:ローレンチア、サルビア、ユーフォルビア

ベストセラー1位

はじめての苔テラリウム 失敗しない植え方 育て方 メンテナンスがわかる

今年、気になっているゴンフォスフレナ’ラブ ラブ ラブ’をメインに、ローレンチア、サルビア、ユーフォルビアを合わせて。

鉢植えの写真

鉢植えの素材

ローレンチア

イソトマ属(いそとまぞく、Isotoma)とはキキョウ科の属の1つである。

オーストラリア、ニュージーランド、ソシエテ諸島、西インド諸島に10種程度が分布する。

ウィキペディア

サルビア

サルビア・スプレンデンス (Salvia splendens) は、シソ科アキギリ属の1種。

ブラジル原産の草本である。

俗にサルビアと呼ばれる。標準和名としてはヒゴロモソウ(緋衣草)があるが、あまり使われない。

スカーレットセージ (scarlet sage) とも呼ばれ、ここでのセージとは広義すなわちアキギリ属のことである。

ウィキペディア

ユーフォルビア

トウダイグサ属(トウダイグサぞく、Euphorbia)はトウダイグサ科に属する一群の植物である。

園芸植物などについては学名の英語風読みのユーフォルビアで呼ばれることが多い。

ラテン語風読みのエウフォルビアと読ませることもある。

ウィキペディア